HPへ

HAA議事録 このページは直近の会議議事録です
            過去の議事録は下部の年度別メニューから見てください


HAA 2019(R1)年度 議事録


● 北海道山岳連盟 令和1年(2019)年度 総会・第1回理事会 議事録

日時  平成30年5月13日(日)10:00~15:00
会場  札幌エルプラザ

開会
北海道山岳連盟
平成30年度  総会議事録

日時  令和1年5月12日(日)10:30~
会場  札幌エルプラザ4F 中研修室

開会  会議成立要件(規約第27条)代議員定数69名のうち3分の1以上、23名で成立。
     →委任含め定数46名につき成立。
会長挨拶
   鎌田前会長、岩見沢の佐藤健さん、小樽の青山さん、西さん、十勝の堀田さんのご
   冥福を祈ります。
   昨年、一昨年の災害で林道の崩壊等が起き、登山に不便をきたしている。スポーツ
   クライミングでは北海道選手の活躍が目立つ。今年の事業では「安全登山シンポジ
   ウム」が間もなく開催される。バックカントリー遭難事故が重視され、山と渓谷社
   出身の久保田さん、ココヘリを開発中の久我さんを招き、道警山岳救助隊の事故実
   情を合わせて紹介する。全道交流会は南空知で展開する。北海道アウトドアフェス
   ティバルのトレランも参加者募集に力を入れたい。また、北海道山岳連盟の名称変
   更、連盟の法人化が全国的に要請されている。
議長選出
   小樽山岳連盟の佐藤裕子さん、札幌山岳連盟の野田耕市さんにお願いします。
議事録・署名人 秋元節男、田中清子、

議事
1号議案 平成30年度を振り返って(明田)
  2月の全国理事長会議の内容を紹介したい。総務全般の報告では、資料参考ください。
 日山協全般については、各スポーツ競技団体同様、ガバナンス強化が求められる。
 60周年事業も控えている。
  道岳連では、胆振東部災害の影響で事業の中止もあった。山の日登山会には500名余
 の参加者で盛り上がり、個別山岳会主催の合同山行は、3回にとどまるも継続したい。
 多くの事業は平年並みだが、さらに、関係者の努力をお願いしたい。
  また、組織の活性化を狙って、常任理事会では山岳スキー、個人会員を独立した委員会
 にすべきとの意見も出ている。(引き続き検討する。)

2号議案 平成30年度事業報告(各委員長)

 <事務局>道岳連の調査票を配布中、速やかに協力ください。会議開催等は資料通り
  だが、ことしの「安全登山シンポジウム」5月30日(木)の動員もよろしく。
 <総務委員会>「道岳連だより」年3回、HPも情報量が増え、個人会員30名、
  リーフレット4000部発行。日高研修所事業は若干減、全道交流会は盛況に終えた。
 <指導委員会>詳細は資料通り。11の事項にわたり、多くの事業をこなしたが、定員
  不足で中止もあった。指導員更新は39名。
 <普及委員会>夏山4回、冬山3回で資料通り実施、毎回盛況だったが、胆振東部地
  震で中止事業も出た。
 <自然保護委員会>従来通りだが、自然保護指導員の認定では6名の辞退者があった。
 <遭難対策委員会>年2回の講習会を実施した。道遭対からの要望もあり一般愛好家
  も対象にする。山岳遭難では、昨年から山菜取り事故も統計に加えられ、件数増加。
 <ジュニア委員会>ことしも保護者抜きで登山教室を実施、2か所から助成を受ける。
 <海外登山委員会>富士山が相変わらず人気で定員があふれた。
 <競技委員会>資料通りの競技をこなしたが、スポーツクライミング人気にもかかわ
  らず、大会には少年の参加は増えるが、青年の部は減少傾向。

3号議案 平成30年度収支決算報告(益田)
  道岳連全体の収入は加盟団体から1,063,000円、日山協から助成金20万円、山岳共済
 の戻し25万円が基本。ほかの事業収入を入れた総額は3,679,000円である。しかし
 日山協、道体協への負担金も60万円弱あり、結果として残高は95万円となる。
 総務委員会、指導委員会、ジュニア委員会、競技委員会は助成金等の収入があり、ほ
 ぼ収支ゼロ。普及委員会は11万円、海外委員会は富士山人気で7万円を得た。
 日高研修所は残高が8万円。

4号議案 会計監査報告(宮西)
  4月21日に小野会長、明田理事長、益田事務局長の立ち合いのもと、現金、出納簿、
 預金通帳ほかの資料を監査、適切に処理されていることを報告する。

<質疑応答>
  なし
<1号から4号議案、拍手で承認>

5号議案 令和1年度に向けて(明田)
  日山協の方針を資料に基づいて説明する。スポーツクライミングの組織体制ができ、
 都道府県連盟の名称変更と法人化が要請されている。設立資金12万円、毎年7万円が
 かかる。また、日山協3部門のひとつ・登山部門ではことし、夏山リーダー制度がスタート
 する。指導と遭対の各委員会が対応する。全国レベルの研修会「安全登山指導者講習会」
 が9月、東川町で道岳連が主管して実施される。

6号議案 令和1年度活動方針及び事業計画(案)(各委員長)
 <事務局>とくに「安全登山シンポジウム」の動員をお願いしたい。
 <総務委員会>一般部門では「道岳連だより」「ホームページ」「リーフレット」が広
  報活動の柱。利用促進に協力を。道岳連行事は議案書参照ください。
 <指導委員会>12本の事業、指導員の更新業務は39名。
 <普及委員会>夏山4回、冬山2回。ほかに現地集合による日帰り登山2回。
 <遭難対策委員会>研修会は一般愛好家も参加対象にして夏、冬2回実施。道遭対協
  議会は4月開催した。山菜取り、ドローン等の事故対策も話しあった。
 <自然保護委員会>自然保護指導者研修の開催日変更10/5~6 →10/12~13
 <海外委員会>3月末に今期分として「ネパールしゃくなげ街道トレッキング」実施、
  定員オーバーの人気だった。
 <ジュニア登山委員会>札幌で、親子日帰り登山、日帰りスポーツクライミングを行う。
  各委員会のスタッフ協力をお願いしたい。
 <競技委員会>ことしも資料通り、各種大会等主催するほか、予選会や合宿など11本
  の事業を行う。ほかに、スポーツクライミング指導者養成講習会も。(日時議案書から
  変更→前期は9/7~8となる。

7号議案 令和1年度会計予算(案)(各委員長)
  議案書にて31年度予算となっているが令和元年に変更
  <事務局>会計は予算表通り。
  <総務委員会>変動部分は個人会員の動向、会費納入次第。
  <指導委員会>指導員養成講習会が増えるので、相応の予算となる。
  <普及委員会>昨年より参加者増やして26万円の収入増を見込む。
  <遭難対策委員会>事業規模は同じなので昨年並み。
  <ジュニア委員会>子どもゆめ基金の申請見送り、現地集合、現地解散とする。
  <自然保護委員会>事業、予算も昨年と同じ。
  <海外委員会>3月末にトレッキングを行ったので富士登山はない。
  <競技委員会>青年の部門に参加しやすい予算を組む。

8号議案 備品台帳報告(各委員会)(益田)
  事務局ではコピー機、プロジェクター。指導員会ではプロジェクター、電動ウインチ、
 落下装置、道岳連旗。競技委員会はスポーツタイマー。遭難対策委員会はロープ。
 総総務関係では印鑑。総じて、備品は整理し大幅に減少している。

9号議案 加盟申請の件(益田)
  くしろ山岳会入会を報告する。(すでに理事会で承認済み)

10号議案 顧問推薦(道岳連)(明田)
  佐藤眞前副会長からまだ顧問という年齢ではないと固辞される。

11号議案 各種議題
  安全登山シンポジウム5/30(明田)
   集客に協力をお願いします。
  スキーDVD販売状況(明田)
   追加500枚のうち236枚販売、残り264枚。追加制作費回収済み。
  山の日記念登山会(益田)
   基本は、今年も山の日祝日をはさんで前後1ヶ月を登山期間とする。
  全道交流会 南空知大会について8/24~25(後藤)
   参加費は3,000円。Eコースを追加する。(美唄市体育センターでクライミング)
   鎌田前会長の偲ぶ会を兼ねる。(明田)
  北海道アウトドアフェスティバルについて9/21~22(武田)
   選手の参加増、完走率など考慮、メイン種目はこしも距離60キロ。
  北海道山岳連盟リーフレット(一般事業案内)(秋元)
   道岳連一般事業案内だが、各山岳会事業のPR時等、様々な機会に利用してください。
  事業計画一覧表(益田)
   多少の変更等があるので注意ください。
  その他
<質疑>
  ①道岳連の名称、法人化に対して意見は?(小野会長)
   法人化案の見解を一言述べたい(澤田常任理事)
   →法人化の準備が大変、専任スタッフがいないと物理的に無理ではないか。
  ②スポーツクライミングを名称に付ける意見は?(小野会長)
   →引き続き検討
  ③利用が少ない日高研修所の存続問題は?(小野会長)
   →やり取りが大変だったが、利用ロッジを返却した。<苫小牧山岳会・新井さん>
   →水害の恐れは今後も高いので撤退がいい。<登別山岳会・藤木さん>
   →引き続き検討
  ④2023年度北海道インターハイの実施について(室蘭栄高校・内海さん)
   OB・地域山岳会の協力をお願いすることになると思うのでよろしく。
閉会
(挨拶)(顧問)土屋さん
    (顧問)太田さん
    (参与)神山さん

 引き続き、第1回理事会へ
 会長挨拶:総会でお願いした道岳連の法人化、名称変更、研修所の存続の意見がほしい。
     とくに、研修所の存続について。
     また、全国的にも再編が控えている。ブロック別になると、北海道のスタンス
     が難しい。(東北と同じブロックになる?)
(各代議員から自己紹介)閉会

                     <議事録・署名人>秋元節男、田中清子

議題・写真はこちらを参照

HPへ  議事録トップへ



過去の議事録は年度別メニューから見てください

2019(R1)年度議事録
2018(H30)年度議事録
2017(H29)年度議事録
2016(H28)年度議事録
2015(H27)年度議事録
2014(H26)年度議事録
2013(H25)年度議事録
2012(H24)年度議事録