HPへ

HAA議事録 このページは直近の会議議事録です
            過去の議事録は下部の年度別メニューから見てください


HAA 2018(H30)年度 議事録


● 北海道山岳連盟 平成30年度第5回常任理事会 議事録

日時:平成31年3月22日(金)18:00~
会場:札幌エルプラザ
出席:小野、齊藤、石井、下山、明田、田中、横山、山納、澤田、増子、高見、本林
   武田、益田、上野、太田(事務局)

※岩見沢山岳連盟.佐藤健会長が2月18日逝去、これまでの功績を偲び全員で黙祷 

会長挨拶
 平成30年度最後の常任理事会 協議事項が多いのでスピーデイに進めて欲しい

報告事項
1.日山協第4回理事会報告(3/2)(小野) 日山協の動きの報告
  名称の変更、山岳共済の加入者の減少、山の日記念事業費480万円減、日山協事務所
  今年5月下旬に移転 予算等必要事項をコピーしているので資料に目を通して欲しい

2.氷壁技術研修会(1/26-27)(下山) 
参加者12名 講師3名 合計15名で開催初心者がほとんどだったが好天に恵まれ充実した
研修会ができた。感想はHPに

3.普及委員会冬山講習会PART1(2/3-4)PART2(3/16-17)(横山)
  PART1ニセコ山系 参加者15名 スタッフ6名 計21名 1日目悪天候の中、全員がニセコに集合
     1日目は予定変更し座学にて最新雪崩トランシーバーの使用方法.実技講習を行う   
     2日目は天気に恵まれイワオヌプリ登頂

  PART2日勝ピーク 参加者15名 スタッフ7名 計22名
     2日間とも好天.雪質に恵まれ楽しむことが出来た

4.山岳スキー技術研修会(2/9-10)・山岳スキー検定会(2/23-24) (明田)
  研修会・検定会とも参加者が少なく中止

5.全国理事長会議報告(2/17) (明田)
  加盟団体の法人化の説明、名称を変えるデメリットは資格取得に12万円、毎年の更新に5万円必要、
  しかし連盟のままでは中央との整合性、また事故が発生した時には任意団体では、会長個人の
  責任になる為今後の検討が必要である。その他会議内容の報告は時間が無いので省略、配付し
  た全国理事長会議資料に目を通す事

6.日山協スポーツクライミング部ブロック別研修会について(2/24)(山納)
  指導者研修9名 審判員・ルートセッター資格更新研修8名 計17名 札幌エルプラザにて開催

7.日本ユース選手権ボルダリング大会代表選考会について(2/3) (山納)
  美唄市体育センターにて開催 上位男女3名を3月22~25日に開催される全国大会に派遣
  日本ユース選手権ボルダリング競技大会北海道選考会を2月17日に札幌ファクトリーで開催
  男子4名(小学6年の工藤君含む)女子3名を選考  5/18-19鳥取で全国大会開催

経過事項&協議事項
1.プチ講習会オロフレ山について(3/31)(横山)
  スノーシューにてオロフレ山頂を目指す。現在2名のみの参加、今後参加者が増える事を期待して
  いる。蘭友登高会の会山行含め合わせて行う予定

2.2019年度 ヒマラヤアンナプルナしゃくなげ街道トレッキング(3/25-4/2)(下山)
  キャンセルも無く予定通り17名にて25日出発

3.日高研修所開所式(4/6-7)(澤田)
  現在30名の申込み 山岳スキー.スノーシュー.雪崩講習会などを企画しているので
  多数参加してくれるよう声掛けが必要

4.指導員マイページの活用について(下山)
  4月より指導者の名称が変わる コーチⅠ(指導者) コーチⅡ(上級指導者) 
  コーチⅢ(コーチ) コーチⅣ(上級コーチ)
  資格更新業務をマイページで行い活動実績証を廃止する事としたい。研修所開きで行う全体会議
  に提案する

5.コーチⅠ養成講習会について(明田)
  アルパインクライミング10名・スポーツクライミング10名の希望があるが、委託事業にする為アル
  パインであと2名ほど不足しているので、各団体で希望者を捜して欲しい

6.全道交流登山会の素案 (田中)
  8月24日(土)~25日(日)美唄.岩見沢の共同で開催 開会式・キャンプ場はグリーンランドスキー
  場ロッジとその周辺を利用 総会までに詳細.申込要項を作成

7.安全登山シンポジウム(5/30)についての進捗状況 (明田)
  道警の西村氏 元・ヤマケイ登山研究所長の久保田氏 AUTHENTIC JAPAN 久我氏 以上3名の
  講師を予定し札幌エルプラザ大ホールにて開催 入場無料 募集人数 320名
  1回目の役員会は終了している。 今後、皆さんに協力をお願いしたい。

8.夏季遭対研修会(5/18-19)(齊藤)
  夏の低体温症と応急手当、遭難者の救助技術、ロープワーク実技等を予定
  日高研修所で開催

9・日山協安全登山指導者研修会の進捗状況(明田)
  9月14日(土)~16日(祝月)の3日間、東川町のキトウシ森林公園・旭岳にて開催
  50名の参加者とスタッフ10~20名を予定 北海道警察航空隊のヘリコプター救助の実際
  大城和恵氏によるファーストエイド講義、旭岳での野外実技、気象庁から講師を招き気象の基礎
  とトムラウシ遭難事故の気象解説を予定している

10.2019年度道岳連事業計画(益田)
  訂正と追加事項
  ○4/14 理事会 教育文化会館 PM1:00~4:00 ○10/12理事会⇒10/20理事会に変更
  ○2月枠に記載している指導員更新業務⇒3月に変更 ○6/8-9夏山講習会 徳舜瞥山に漢字訂正
  ○4/14北海道山岳遭難防止対策協議会総会⇒4/12に変更 
  ○6/9ジュニアSC奈良杯兼JOC予選会⇒6/16に変更
  今回の訂正箇所をメールに流しますので再確認の事

11.リーフレットの製作可否、山の日事業について(益田)
  リーフレットは継続 各委員会は2019年度の行事内容を秋元副会長に知らせる事
  山の日事業に関しては日山協からの補助金が無くなった為、山の日記念山行の報告小冊子は
  作らず簡単な報告書とする。記念山行の期間も設定しなくてよいのでは

12.その他
 ○北海道トレイルランニング大会inルスツ 9月22日(日)開催予定 道岳連での統括者を決めて欲しい(武田)
 ○昨年まで3月開催の理事会を4月に変更した為、各委員会は3月末での締めを行い早急に残金振込、
   決算書を事務局までメールする事、又理事会前に常任理事が目を通せる様メーリングリストに掲載する事
   (4/4迄)(益田)
 ○今期の遭難 外国人のボーダーの事故が多かった。これから自分たちも充分に注意する事。(小野)
                                                      〈文責 田中〉

HPへ  議事録トップへ



過去の議事録は年度別メニューから見てください

2018(H30)年度議事録
2017(H29)年度議事録
2016(H28)年度議事録
2015(H27)年度議事録
2014(H26)年度議事録
2013(H25)年度議事録
2012(H24)年度議事録