総務企画広報へ HPへ

HAA議事録 このページは直近の会議議事録です
            過去の議事録は年度別メニューからご覧ください


HAA  最新議事録


● 北海道山岳連盟 令和3(2021)年度 第1回 常任理事会 議事録

1.日 時:令和3年7月21日(水曜日)18時10分~20時25分
2.場 所:札幌エルプラザ 3階 音楽スタジオ 1
3.出席者:小野会長、齊藤副会長、石井副会長、下山副会長、明田理事長、田中副理事長、
       山納競技委員長、増子自然環境委員長、高見ジュニア委員長、益田理事、玉木事務局長、
       上野理事、太田理事、横辻(事務局)

4.配布資料:
 ・議事次第
 ・普及委員会 令和3年度前期事業報告
 ・北海道山岳連盟 加盟団体(山岳連盟・山岳会)・役員・事務局名簿
 ・高所順化トレーニング「富士山登山」のご案内
 ・道岳連70周年記念誌編集について
 ・第76回国民体育大会スポーツクライミング競技北海道ブロック予選会報告
 ・道岳連だより(広報 No.91)
 ・美瑛富士避難小屋トイレブース点検山行のご案内
 ・各種資料、パンフレット等 「信州の山小屋応援プロジェクト寄付金を募集します」、「公益社団法人日本
  山岳・スポーツクライミング協会 新役員」・北海道スポーツ協会新役員、「安全登山ハンドブック2021」、
  「山岳遭難セーフティーカード」、「登山月報(No.625~627)」

5.議事内容
(1)小野会長開会挨拶
   今回は久しぶりに顔を合わせての会議となった。今年度もコロナ禍で4月から活動が制限されてきたが、
   競技、普及委員会は活動中で、これらの事業において感染者は出ていない。先月の高体連全道大会に
   出席し、感染防止対策をとりながら開催されている状況を確認してきた。本日もよろしくご協議頂きたい。
(2)報告事項
  ①日山協総会、理事会報告(小野会長)
   ・JMSCAの仲裁事案がスポーツ仲裁事案裁判所の裁定で世界連盟に敗れた。
   ・JMSCA会長、副会長、役員交代:挨拶状が届いており、JMSCAのHPにも新体制が掲載されている。
  ②全国指導委員長会議(明田理事長)
   ・6/8 ズームで会議が開催された。
   ・夏山リーダーの上位の資格として「上級夏山リーダー」の規約が出来、テキストを印刷した。実際には
    来年度から活動される見込みで、UIAの規格に合致するよう話し合いを行った。
   ・コーチ資格の受験:受験者がいないことと、講習できる体制が取れない現状にある。
  ③普及・春山講習会 八甲田の報告(小野会長、明田理事長)
   ・別紙のとおり、春山講習会Part 1として八甲田大岳で残雪スキー、スノーシューを行った。
    夏山講習会Part 2は旭岳で開催、Part 3は7/31~8/1 石狩岳で開催予定である。
  ④国体北海道予選会ボルダリング(山納委員長)
   ・7/4 きたえーるの利用が中止となり、グラビティーリサーチで国体北海道ブロック予選会兼北海道体育
    大会競技会が開催された。今後、10/1~3三重県で開催される本大会に向け、強化練習を行っていく。
   ・8/22 北海道ユースC/Dの強化選手選考会が実施され、お手伝いを何名かお願いしたい。
   ・9月中旬に開催されるユースC/D小学校全国大会の予選に道岳連の後援を頂きたい。
   ・10/31 北海道選手権を計画しているが、予定していた会場の都合がつかないため、きたえーるでの
    実施を検討中である。夜間のルートセッティングとなるため、日程を調整して後日お知らせしたい。
  ⑤常任委員名簿について
    今年度の各種名簿を整理した。加盟団体の会員数は、1,558名となっている。修正箇所等あれば連絡
     して欲しい。

(3)中止・延期事業
  ①夏季遭難対策研修会(齊藤委員長)
    5月に実施する計画で参加者も10名集まったが、中止となっている。
  ②ジュニア登山教室(高見ジュニア委員長)
    今回は応募が無かったため中止した。コロナが落ち着いたら改めて企画したい。
  ③全道交流登山会(明田理事長)
    コロナ禍の中開催は難しいので中止とする。
  ④沢研修会(明田理事長)
    沢研修は未定、登攀研修は10月に延期して実施の予定。
  ⑤普及・夏山講習会Part 1(明田理事長)
    恵山で実施する予定であるが、日程を延期する。

(4)経過事項&協議事項
  ①普及委員会夏山講習会 Part 2について(明田理事長)
    7/24~25に旭岳で予定していたが、7/31~8/1に変更して実施する。
  ②夏山リーダー養成講習会・検定会(明田指導委員長)
    養成講習会は7/23~24、8/8~9に手稲山で、検定は10/16~17にそれぞれ実施する。
  ③美瑛富士避難小屋ブース点検(益子自然保護委員長)
   ・8/1 現地の内藤さん、クーラカンリ3名で実施の予定。
   ・指導員研修は、10/16~17に昭和新山で実施することを計画中で、7/22 現地を視察する予定。
  ④富士登山のご案内(下山海外委員長)
    ヒマラヤトレッキングが中止とするので、この代わりに高所順化トレーニングとして企画した。参加者
    は4名で、8/21~25に実施する予定。行程、内容は別紙参照のこと。
  ⑤70周年記念事について(石井副会長)
    60周年実施行事を参考として企画中であり、①記念式典を4年10~11月に実施、②記念誌の発行を
    軸として実行委員会で担当者を選定のうえ、内容を検討していく。
  ⑥山の標識について(明田指導委員長)
     山頂標識の劣化に伴い標識を更新して良いか問い合わせがあったが、道岳連に決定権は無いので
     当該管理者に問合せして欲しいと返答する。
  ⑥信州の山小屋応援について(玉木事務局長)
    別紙のとおり信州の山小屋応援プロジェクト寄付金(目標1,500万円)の募集依頼があったので、
    関係者へ周知する。

(4)連絡事項
  ①加盟団体へ資料送付について(玉木事務局長)
   総会で意見が出された資料の個別送付について、関係団体の意向を確認するためアンケートを行った
   ところ、26団体はこれまで通り、14団体はPCに送って欲しいとのことであった。この結果を受け、各団体の
   希望通りに資料(冊子)を配布することとする。
  ②JMSCA表彰(玉木事務局長)
   JMDCAから表彰状(3名分)が届いているため、本日、会長から齊藤副会長、山納委員長に授与した。
   なお、もう1名は土屋顧問。
  ③その他
   ⅰ 山のトイレを考える会が裏旭を対象に実施するアンケートには岩見沢山岳連盟こぶし山岳会が回答
     することとし、7/17~18、8/21~22に現地調査を実施する。(田中副理事長)
   ⅱ 各委員会への加盟金振込(玉木事務局長)
     加盟金を振り込む準備が出来ており、ジュニア委員会以外には後日振り込むこととする。
   ⅲ 増毛山道整備にかかる協力金の支出について(小野会長)
     増毛山道整備の事務局からクラウドファンディング(目標100万円)のお願いがあったので、道岳連HP
     に掲載して助成意思がある方の協力を呼び掛ける。道岳連としても1万円支出する。
   Ⅳ 指導員更新業務:対象者は31名

(5)下山副会長 閉会挨拶

                                         以上

総務企画広報へ HPへ



過去の議事録は年度別メニューから確認ください