HPへ

HAA議事録 このページは直近の会議議事録です
            過去の議事録は下部の年度別メニューから見てください


HAA 2019(R1)年度 議事録


● 北海道山岳連盟 令和1年(2019)年度 第1回常任理事会 議事録

日時:令和1年7月25日(木)18:00~
会場:札幌エルプラザ
出席:小野、斎藤、秋元、石井、明田、山納、澤田、高見、本林、一安、武田、益田、玉木、
    上野、太田(事務局)
 
報告事項
1、日山協総会、理事会報告(小野)
   ①山岳遭難の右肩上がりが止まらない
   ②都道府県岳連の法人化を要請する
   ③日山協組織をスリム化(理事数32→25)
   ④山岳共済の加入が減っている
   ⑤予算が増えて(6億)事務管理が増える
  問題山積み、次回の常任理事会で、これらを協議したい。
2、全国指導委員長会議(明田)
   ①夏山リーダー制度がスタートする
   ②指導員の名称変更(山岳、SC共、コーチに統一)、(養成講習会実施中)
3、安全登山シンポジウム(上野)
   参加者140名、決算は次回に持ち越し
4、夏期遭難対策研修会(斎藤)
   研修者26名、講師4名で、低体温症対策、ロープ渡河トレーニング等
5、今年度の常任専門委員名簿ができた(益田)
6、普及委員会「夏山講習会」3事業の内容、収支について(横山→秋元)
   32名の講習参加者(一般3名、個人会員25名、山岳会4名)、スタッフ12名
7、A)ボルダリング日本ユース、B)奈良杯、C)高体連について(山納)
   A)鳥取県倉吉市5/18-19 男子4名、女子3名参加 
   B)美唄市6/16 70名参加 
   C)阿寒岳、雌阿寒岳で6/29~開催 約100名参加(男子1位帯広柏葉高校、
    女子1位釧路湖陵高校)
8、登攀研修会(明田)
   6/15-16 日高研修所 研修者12名、スタッフ7名
9、その他
   A)全国遭対委員長会議(斎藤)6/22-23  ココヘリ、講習会事故の法的責任、夏山リ
    ーダー制度が世界基準に基づくのであれば、(氷河があり)ロープ技術が必要?

経過事項&協議事項
1、ジュニア登山教室8/7-8
   募集締め切りの結果、1日目の登山は不人気、2日目のSCは10名申し込み(高見)
2、普及委員会「夏山講習会Part3」9/7-8大雪エリア(HP掲載済み)
3、沢研修会8/17-18登別(HP掲載済み)
4、コーチ1の養成講習会 山岳14名で実施中
5、全道交流登山会8/24-25 空知 現在集約中
6、鎌田顧問を偲ぶ会 内容協議中、進行・玉田
7、パワフルレディース登山研修会 7/27-28 沢班と尾根班、参加者スタッフ計15名
8、美瑛富士避難小屋トイレブース点検 7/29
9、北海道アウトドアフェスティバル「トレラン」9/21-22 ゲスト鏑木選手決定、スタッフ70名を
   各山岳会にお願いしたい→依頼文書提出済み(武田) 
10、山の日記念山行 全国大会(ことし山梨県)は盛り上がっているが、北海道(道岳
    連)は、来年以降、期間を含め、再検討する必要があるのでは(益田)

連絡事項
1、第22回ジュニアオリンピックカップ遠征について 9/14-16 富山県南砺市(選手は
    奈良杯の成績で決める)
2、第74回国民体育大会北海道ブロック予選会について
    8/3-4  ボルダリング90名、リード83名、選手計102名になるほどの人気ぶり。
3、その他
    スポーツクライミングの講師派遣要請、いまは「きたえーる」絡み(8/3、9/15-16)
    だが、これからはその他の施設を含め増加しそう。他方、クライマーズ基金を募
    る話もある(石井)
                                                <文責:秋元>


HPへ 



過去の議事録は年度別メニューから見てください

2019(R1)年度議事録
2018(H30)年度議事録
2017(H29)年度議事録
2016(H28)年度議事録
2015(H27)年度議事録
2014(H26)年度議事録
2013(H25)年度議事録
2012(H24)年度議事録